学習塾案内

名称 体験型自立学習塾「Haven」
社名 合同会社 港教育会
所在地 兵庫県姫路市増位新町1-8-2-142
電話番号 070-8418-7855
代表者名 杉本健太
①体験学習について

①自然体験や農業体験
②アートやモノづくり
③スポーツや遊び
④職業体験
⑤自由研究
⑥ボランティア
⑦大学見学
⑧老人ホーム
⑨感動体験
⑩グループトークやディスカッション

など幅広く様々な事を考えています!

体験学習への思い

体験をする中で他人と協同したり、もしかしたら喧嘩をしたり、、、そして、仲直りしたり。色々なことがあると思います。普段の生活の中では中々送ることが出来ないような体験をすることで、勉強だけでは見ることのできない、その子自自身の良い所をたくさん見つけて、伝えてあげる。そうすることで、子ども達は体験活動の中の「人との関わり」を通じて「自分では気が付かない良い所に気が付く」ようになります。子ども達はすごく嬉しいですよね。

でも、今の時代は良くも悪くも「人との関わりの量と質」が変化しています。「人との関わり」の時間(量)が少なくなっていると感じます。「人とはあまり関わらずに生きていく」ということもいいですが「Haven」ではいろんな「人と関わることのできる時間を確保」し、いろんな価値観を知って、楽しみながら学びが出来るような環境を提供したいと思っています。これは私も含めて気を付けなければならないのかもしれませんが、今まで生きてきた短い人生の中で感じていることが

「人と向き合わず」に

「大人や教師や友達と向き合う」ことを

「避ける人」が増えているような気がします。

「自分の話を聴いてほしいけど」

「大人や教師や友達のいうことは聴かない」

「自分が良ければそれでいいい」

といった感じでしょうか。今後は更には多様な生き方が認められる世の中になってくると思います。この生き方が良い、悪いということではなく

「自分の中に大切にしたいと思う人や考えの範囲が狭い」から

「人と向き合わない」

これらの影響により

「人との付き合い方」も分からずに

「知らずに人を傷つけている」

ということも多いのではないでしょうか。これはあまり好ましい状態ではないと思います。心無い言葉をあびせられたり、SNSなどによる誹謗中傷もなくなることはないでしょう。このようなことにならないためにも、「Haven」では体験学習や自立に向けた学習を通じて「人と向き合う時間を確保」したいと考えています。そうでないと、知らないうちに人を傷つけてしまうことがあるからです。

子どもは「ありがとう」「ごめんなさい」「どういたしまして」「おかげさま」「助かった」など人と関わる言葉の使い方や行動を知らないから使うことが出来ないだけで、体験という場所と時間があって、そこに人が集まれば少なからず「他人の言動や行動を目の当り」にします。そして、体験活動に参加するだけでも、そういった言葉の使い方や行動の仕方を自然と学ぶことが出来ます。このことは、勉強はもちろん大切だけれどもそれ以上に価値のあるコトではないでしょうか?

今まで勉強はすごい苦手でコンプレックスがあったけど体験活動を通じて

「他人に寛容になることが出来るようになった」

「あいさつなんてしなかったけど、自らするようになった」

などそれぞれの中で何かしらの成長や学びもあるはずです。そのような成長をたくさんしてほしいと思っています。

ただ、自尊心や自己肯定感を育むことばかりに気を取られると「反省」や「考える機会」を奪い「子どもの成長を妨げる」ことにもなりかねません。「根拠の無い自信」は大事だけれども「まったく実力が伴わない」ために「理想と現実のギャップに苦しむ」ということにもなります。自己肯定感や自尊感情は「自分で自分を評価する感情」であり、それは周囲の評価を受けながら作られます。「人との関わりの量の減少」は「それらの感情を育む機会の減少」を意味します。そのため、体験学習を通じて人との関わりも確保しながら自己肯定感を育み、子ども自身の考える機会をたくさん作るということを「Haven」では大切にしていきます!

長々と難しく書いていますが簡単に言うと

「楽しみながら学ぶことのできる場所」

を作りたいということに尽きます。

そのために「Haven」では体験学習を行うわけです。もちろん平日はしっかりと勉強もしますよ!塾ですから!(笑)これらの、環境を作るために必要なことは、シンプルなことが大半を占めていると思うので、それを1人ではなく皆様と協力してできればと考えています。今後も体験型学習塾「Haven」をよろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

PAGE TOP